彼の好きなトコ

プレイ済みの乙女ゲームの感想を綴らせて頂いてます。ネタバレに注意して書かせて頂いてますので、購入に迷っている方のお役に立てましたら幸いです。感想はあくまで個人の主観で書かせて頂いてます。

逢魔時~怪談ロマンス~【由良城閨悟】

浪川大輔さん演じる
由良城閨悟の感想です。

-----

浪川大輔さん演じる
由良城くんは山犬の妖怪。
穏やかで優しい彼は、
保健委員の仕事をしているのですが、
喧嘩に明け暮れる主人公が、
よくそこで
お世話になる中で絆を深めます。

最初から主人公の事が、
好きで大好きで
堪らないという様子の彼。
山犬だからか、
本当にしっぽを振って喜んでいるような、
そんな感じが可愛かったです。

彼の家族が大家族なのですが、
とても温かい家庭で、
そんな家で幸せに育った感じがする所も、
見ていて微笑ましかったです。

私はどうも家族を大事にしているとか、
家族の仲がいい…なんていう設定に
昔から弱い所がありまして。
そんな事も手伝い、
由良城くんは好印象でした。

そして闇から生まれたハズの主人公は、
時折自分が姉であるような感じがしたり、
家族を懐かしく思ったりする
…というような事がある子で。
その謎については、
彼のルートでは
証されて居ませんでしたが、
そんな彼女だからこそ、
この温かい家庭に
迎え入れられる感じがとても良かったです。

また、由良城家だからこそ、
彼女の知られざる過去に触れるような
そんな感情を呼び起こす事が
出来たのかな?とも。
そこもうまく作られているなって思いました。

終わり方も凄く暖かくて
良かったですね。

優しく温かい人は大好きなのでが、
何が足りなかったんだろう?
ちょっと自分でも分からないながらも、
彼の事はそこまで好みだと思えなくて。
そこが少し残念でした。

結構色々な作品に
触れさせて頂いているからか、
直感的に、「この人は好みだ!」と
分かるような気がするんですよね。
そしてその直感を元に、
最初に攻略するキャラを決めるのですが、
当たりすぎると大好きになりすぎて、
他のキャラ攻略出来ない…という結末も(笑)

でも、誰も大好きになれなかったな
…と終わるよりは、
一人大好きになってしまって。
結局他の人攻略出来なかった作品の方が、
色々な人に興味があった作品よりも、
深く心に残る気がします。

と、話が由良城くんの事から
それてしまいましたが、
浪川さんが素敵に演じてくれていて、
彼の持っている雰囲気に
とても合っていたので、
そこは本当に良かったと思います。

浪川さん、素敵な由良城くんを
ありがとうございました。