彼の好きなトコ

プレイ済みの乙女ゲームの感想を綴らせて頂いてます。ネタバレに注意して書かせて頂いてますので、購入に迷っている方のお役に立てましたら幸いです。感想はあくまで個人の主観で書かせて頂いてます。

逢魔が刻~かくりよの縁~【宵宮】

高橋直純さん演じる
宵宮の感想です。

-----

高橋直純さん演じる宵宮先生は、
幽世の鎮守学舎の教官。
主人公が幽世に迷い込み、
鎮守学舎でお世話になり、
彼の隊に所属となった事で絆を深めます。

あやかしの世界である幽世で、
人間である教官は
とても頼れる存在でした。
プレイしている私も、
教官が宵宮先生で良かったなって
思えました。

そんな宵宮先生ですが、
色々予想しながら進めさせて頂きましたが、
予想通りな部分と、
そうでない部分とがあり、
それが楽しかったですね。

推理小説じゃないですが、
乙女ゲームも真相があったりするものも多く、
プレイしながら、伏線を見付けては、
「きっと○○かも知れない」とか
予想しながらプレイするのも
楽しみの一つだったりします。
なので、謎の多いキャラが沢山いると、
予想も沢山立てられて
その真相を探しながら読み進める作業が
楽しく感じられますよね。

そして幽世での名前に込められた意味も、
実はちゃんとあったりして。
そういう説明も出て来た所も、
とてもおもしろいなって感じました。

奏太くんが、宵宮先生を怖いって言ってたので、
もっと腹黒い感じを想像してしまいまして、
腹黒が大好きだったため、
その点においてはやや物足りなさも。

でも、そこに関しては、
あくまで個人的な好みの問題なので、
別に宵宮先生に問題がある訳でもなく。
とても素敵な先生でした。

ただ、本当に黒い人好きなんです(笑)
えーっ、この人黒かったんだ!なんて、
意外性のある黒さは尚更好きですね。

やっぱり生徒たちと違い、
落ち着いた大人の余裕があるので、
慣れない世界で彼の傍はとても安心しました。
色々危険な世界で、
一番狙われやすそうなポジションで、
そしてあの能力なので、
そんな主人公の色々を考えると、
宵宮先生の傍にいるとう選択は、
一番ありかも?と思いました。

そしてENDが全く予想して
いなかったものだったので、
いい意味で裏切られてとても良かったです!
文章が長くて、
読むのが苦手な方には辛いかもですが、
本当にシナリオが良く出来ている
作品だと思います。

高橋さん、素敵な宵宮先生を
ありがとうございました。